今日はレディベス!!!

ここ書くたびお久しぶりって言ってる気がする

 

ぱくちーです。

 

 

 

 

今日は

f:id:crnd03k:20171023212550j:image

レディベスです!!!

 

 

山崎育三郎さん見に行きました!!!

学校も休校になったので余裕で準備できて嬉しかった、、、

 

ミュージカル久びさって感じ。

やっぱり好きだな。自分の舞台が好きになった原点。

 

今日のダブルキャストはこの方々

f:id:crnd03k:20171023215003j:image

 

 内容は…あたしが思ってたより軽めで見やすかった!結構その人の人生追います系(?)は内容詰め込むの多いから覚悟で行ったから尚更軽く感じたかな?

エリザベートとかイメージしてたからな、、、、見やすかったわ!!!

あと、歌すごい多いなって感じでした!あたしは楽しくて好き。

 

 

ベス役の平野綾さん!

想像してた以上の歌唱力!声すごい!!!

流石、歌手だな。すごい通るし、響くしカッコイイ!!!

芯があるようでぐらつきがちなベスって印象でした。あたしはそう捉えた。

可愛い女の子って感じ。ピュアな。

 

 

お目当ての山崎育三郎さん!ロビン!

相変わらず、足長!身長高!顔ちっさ!!!

デコ上げロビンめっちゃイケメンすぎ

あと、歌うまくなってる気がした!

ロングトーンとか今日絶好調だった気がする!

すっごい綺麗!!!!

前よりも声ガンガン通るし、大人数のユニゾンでも声がすーって通って聞こえるの(マイクの問題かもしれないが)。

前よりももっと聞きやすい歌声でもうほんとに惚れ直した、、、💕

 

 

今回、目に付いたのはフェリペ王子役の古川雄大さん!

色気があってすっごいかっこよかった

クスッと笑えるパートをやってらっしゃったんだけど、ぱっとかっこよく、ピリッとした空気感にすぐ変えるのがうまかった!

「飲め」がかっこよかった、、、、、

 

 

 吉野圭吾さんとか、涼風真世さん、山口祐一郎さん、みんな声量凄かった、、、、、

ほんとに歌メインで歌のうまい人の集まりのカンパニーだなって印象です。

 

 

今回に限っては私も沖縄で風邪もらって絶賛絶不調なので、今まで通りにがっつり集中力もって見れなかったのが残念でした、、、、

自分もゴホゴホ辛いし、周りにもほんとにご迷惑でしたよね、、、申し訳ない、、。

 

 

なのでブログもあまり長くかけません。

申し訳ないです。たくさん寝ます。

 

 

次はドッグファイト!文ちゃん!!!

 

今年は多分ドッグファイトで見納めです。

楽しみです。

 

 

 

 

またね。

 

 

ぱくちー

 

アマデウス!

お久しぶり!ぱくちーだよ!!!

 

テンション高いよ!!!

なんでかって?それはね、、、、、

 

 

 

 

 

今日、見てきました。

アマデウス  !

 

f:id:crnd03k:20170928212725j:image

 松本幸四郎さん主演の舞台なんですが、私は桐山照史さんが出るということで、興味を持ち、お邪魔させていただいたんですが、、、

 

幸四郎さん!凄すぎる!!!!

恐ろしい、、、サリエーリという役なんですが、お爺さんになっているサリエーリが過去の自分の人生を伝えるという演出なのですが、本当に凄すぎたのは、、、

 

声!!!!

 

しゃがれたお爺さんよりもお爺さんらしい声はあの響き渡るような低音の素敵な声のどこから出てくるんですか。

 

サリエーリは基本的に感情のすごく大幅な起伏はあまり無く(まぁ多少はありますが)、ナレーターのような感じだと感じました。

(自分の人生語ってる体だからそうはなるか。)

 

ただ本当に声の変わりようが凄すぎる。

一瞬でほんとに別人の声帯をくっつけたような声になるんです。

 

そこそこな年齢で体力的にもさすがに厳しいところはあると思うんですが(失礼)、あの舞台をあの声のボリュームでやってのけるのがほんとにすごいです。

 

あまりキャパが大きくない(と感じた)ので、出演者の皆さん方の声がマイクを通さず、まるで地声のように聞こえたのが印象的でした。

 

 

桐山照史さんについては、

絶対痩せてく!精神的にも体力的にも絶対大変!痩せてく!!

そして泣ける!泣かせる!!

という印象です。w

 

細かくいうと、照史くんの役は天才作曲家として世に知られているヴォルフガング・アマデウスモーツァルトです。

彼の人生は結構大変だったと有名ですが、サリエーリの人生に彼は大きく関わってきます。

はっきり言うとサリエーリの人生を狂わしたような存在はモーツァルトです。

 

明るく天真爛漫すぎて、幼く常識知らずで、18禁のような言葉を口走るような自由人が、もともと収入も少ないのに、サリエーリに仕掛けられていく罠で追い詰められて狂気的になっていく姿は想像を遥かに超えてました。

 

元々、山崎育三郎さんも好きなので、東宝モーツァルト!も見ていたので、ある程度のモーツァルトに対する知識もあったので見やすかったのですが、そのモーツァルトとは印象も人物像もとても違っていたのでまた面白かったです。

 

ところどころ照史くんに重なる部分はありましたが、基本的にモーツァルトすぎて後半ちょっと怖かったくらいです。

笑い声はとっても耳に残るんですが、たまにあんな笑い方するなってちょっと思いましたww

 

1番印象的で泣けたのは、「灰色の仮面はサリエーリだった」とバレたところです。

「灰色の仮面の男にレクイエムを頼まれた」と知ったサリエーリは灰色の仮面の男になりきってモーツァルトのところに行きます。

その後、モーツァルトの書き途中のレクイエムを見てあまりの素晴らしさに楽譜を破き、モーツァルトは男の仮面を外し、正体がサリエーリと知ります。そこでサリエーリは今までにモーツァルトに抱いていた思いをぶちまけ、机の下に逃げ戸惑うモーツァルトを、机を叩きながら「死んでくれ!」と追い詰めていきます。

 

そこで精神のおかしくなったモーツァルトは突然子供のように「パパぁ!」と叫び、サリエーリを亡くなった自分の父親だと思いこみ、突然子供がえりをします。

そこで会場すすり泣きだらけ。

「パパぁ?抱っこして!」と子供同然の照史くんの演技力のすごさを見せつけられました。

ほんとに幼稚園児同然で、、、

机に座り、足をユラユラさせ、一点を見つめながら楽しそうに「キスの歌」を歌うのですが、ほんとに子供でした。本当に照史くんが壊れたんじゃないかと思うくらいに、切なくて胸がひたすらに苦しかったです。

天才で素直すぎるが故の結婚や、仕事、人間関係の苦悩で徐々に気も、体調も崩れていくモーツァルトを見てるのがすごく辛かったです。

 

コンスタンツェの太ももで息を引き取るのですが、最後の最後まで指揮をしているモーツァルトには音楽しかなかったのかな、と考えさせられました。

 

それも合わさって、モーツァルトが亡くなった瞬間は会場大号泣で鼻すすりまくりでしたw

 

 

1回しか見れてないので、本当にモーツァルトを殺したのがサリエーリなのか、、などまだまだわからない部分がたくさんあるのに、今回も1回しか見れないのが残念でしかたがないです。

 

 

サリエーリとモーツァルト中心にみて手一杯だったから、コンスタンツェ役の大和田美帆さんをちゃんと見れてないのに、、、

 

残念すぎる。

 

 

けど、見に行けて本当に良かったと思える舞台です。

お2人の演技力に脱帽でした。

もちろん私も大号泣。

カテコは2人の拍手も一段と大きく、スタンディングオベーションもありました。

それに驚いた照史くんが口パクで何か言ったあとの舌ペロすごく可愛かったです^^*

 

 

いろんな舞台を見に行けば見に行くほど、舞台の凄さ、俳優さんのすごさ、演出を手助けするスタッフさん方の凄さにいつも心の底から感動して尊敬してます。

見るたびいつも「早く舞台に立ちたい!」と強く思います。

 

 いや、、今回も見てて引き込まれる舞台でした。泣きつかれた。ww

 

 またまた自己満なレポでごめんなさいい!

ほんとに素敵な舞台でした!すき!!!

やっぱりいい!

照史くんもっと舞台やって!!!!

 

 

 

来月はレディベス!!

 

 

 

 

またね!

 

 

ぱくちー

 

これからの予定 まとめ

お久しぶりです。ぱくちーです。

 

こないだガパオライス食べました。

ガパオライス自体は大好きなんです。美味しい。けど上に乗ってたパクチーだけは食べれない。ごめんね。

辛いの苦手だからあんまり辛くしては頼めないけど味がすっごい好き。ガパオライス。

 

 

そんなことはどーでもよくて、夏休みの怒涛のバイト生活も終わり、ぼちぼちのペースに移り…本業の学生生活。始まりました…

学業は今だけだから、、と思いつつやはり辛いものがありますね。テスト。テスト。&テスト。

 

ですが、毎年の下半期の楽しみ。

ほぼ月一ペースの舞台&ライブ観劇!!!

 

自分の予定を忘れない。そしてブログ更新忘れないために書かせて頂きます。

ご了承ください。(._.)

 

 

まず9月(28日)

松本幸四郎さん主演「アマデウス

照史くん目当てです。生のジャニーズの演技を見るのはこれが初かな…楽しみ。

演技派と言われてる(?)照史くんなのでどんなモーツァルトになるのか楽しみです。

お稽古も楽しそうな感じみたいで(^^)

 

 

そして10月(23日)

山崎育三郎さん出演「レディベス」

これ!奇跡が起きて取れたチケット!ぴあからのメールで丁度バイトがない日でめっちゃ頑張ってアクセスして取れた!嬉しい!!

去年はエリザベートで育ちゃん見れて、今年は諦めてたんですが…嬉しい…

ストーリーに上がってたロビンのジャグリング、生で見るのが楽しみです。

 

 

11月は空いて…

 

12月!!

屋良朝幸さん主演「ドッグファイト

これは関西ジャニーズJrの浜中文一くんが気になってるので、友達から丁度譲ってもらった舞台です。これもジャニーズの方の演技!楽しみ!

 

 

あとライブに関しては、9月末に嵐の当落発表があるので…ドキドキですね。

WESTはまだツアーやライブの発表自体がないのでそれ待ちです。ね。

多分年始だと思いますね…多分…

 

 

 

今年は思っていた以上に舞台のチケット確保出来て幸せな限りです。

これを糧に日々の学業専念しないとね…

勉強嫌い。(´・ω・`)

 

 

頑張りましょう。

 

 

ぱくちー

 

 

怒りを込めてふり返れ 観劇

どうも。お久しぶりです。

ぱくちーです。

 

日々バイト、学校でなかなか忙しくて。

 

あ。コードブルーに成田くん出てますが、医療ドラマが苦手中の苦手なので見れてません。

ざんねんだね…

 

 

で、今日!7/27!!

 

中村倫也さん主演「怒りを込めてふり返れ」

 

 

やっとこさ観劇してきましたよ…まさかの菅田将暉くんと同じ日。うわぉ。

オーラのある方とすれ違ったんですが、顔はしっかり確認せず。多分菅田くん。w

 

f:id:crnd03k:20170727233609j:image

 

はい。凄かった…迫力が。

セリフの量が膨大で、ドミノ倒しみたいにバタバターーーーっと畳み掛けてくるからもう圧倒されすぎて…ほぼ早口言葉。けどただの早口じゃくて感情が有り余って溢れすぎたが故の早口。ほんとに見ものです。圧倒されまくり。息止まる。

 

 

キャパはそこまで大きくない舞台だったので、その迫力がバシバシ伝わってきやすかったです。

 

 

中村倫也さん演じるジミーは気性が荒い人だったんだけど、後半になるにつれて、ただの気性が荒いだけじゃなくて、幼い頃の経験、思春期や青年期の経験が故に少しひねくれた性格になったんだと思う。

実際の心の奥底のジミーはただ寂しくて、甘ったれなんだと思う。ただ上手く伝えられない自分にイライラして、世の中にもイライラして、言葉に表せない怒りを常に出してる感じだったな…溢れすぎて蓋ができない感じ。

若さゆえの言葉に出来ないもどかしさがすごいあったんじゃないかな…と思います。

あと当たり前だけど、ほんとにすごい。

何この人。もう「中村倫也」っていう人格どこいった状態。ジミーも刈野くんも京次郎くんもスミスも何もかも「中村倫也」がいない!!

ほんとに凄すぎる。普段の中村倫也さんがジミーみたいな常にエネルギー出してるような人を演じるって…すごい…

それでダイワハウスやってるんでしょ?もう無理。好き。めっちゃ好き。尊敬。好き。

 

 

中村ゆりさん演じるアリソンは難しいね…

どう言葉に表したらいいのか分からない。

第一になぜとんとん拍子で2人は結婚したんだろう。って前半は思ってたんだけど、後半になるにつれてジミーはアリソンのことを心から愛していたんだ。けど本当に上手く愛を素直に表現出来ない。ただそれだけだったんだ。って思った。アリソンもそれにイマイチ気づいてなかったのかな…見事なすれ違いだったのかな…

ジミー視点で結構見てた気がするから本当にアリソンは色々と難しい。

 

クリフはほんとに中間。誰においても中間。

心が広い。けど、ヘレナに対して自我を出して、アリソンの手紙をバンッって叩くシーンは鳥肌が立った。もしかしたらヘレナがジミーに気があることに気づいていたかもしれなかったのかな…ヘレナとジミーがくっついてからもよくあの場に居れたなと思う。あたしだったら無理ww

それ位心の広くて、空気の読める人だったんだと思う。

 

ヘレナは意外でした。まさかジミーを取ったなんて…レコードの前でくまのぬいぐるみを手に取った時にまさか。って気が付きましたね。

そう考えると1回1回トランペットの音に振り返ってたのもなんとなくそんな気が…(違かったらアホ。)

ヘレナも、アリソンも声がとても素敵だなって印象でした。

 

大佐。いい人だったな。私的には。

 

 

 

 

思うところがありすぎて語彙力がない私は言葉に出来ません。

私が感じたのは素直になった時に共感して、愛せるんじゃないかな…って思いました。

 

最後のシーンはジミーもアリソンもお互いの話にしっかり耳を傾けて、ジミーは自分の言葉を丁寧に紡いでる印象だったな…

最初のアリソンの聞いていないふりとか、ジミーのぶわぁーーーって畳み掛けるようなセリフとは大違いだった。

アリソンが初めてジミーに素直にぶちまけた時に、ジミーがゆっくり言葉を丁寧に紡いでアリソンにきっちり伝えようって言う気持ちが伝わってきたような気がします。

ジミーの「もういい…」がすごく印象的でした。

結局、アリソンは素直じゃなくて、ジミーも素直じゃなかったんだと思う。若い人特有の「素直になれない」ってやつですね。私もです。w

 

最後のお互いを抱きしめあってる時が、本当にお互いが大好きで愛しいんだ…って感じだったんだけどな。私的には。

 

 

 

見てて、とてもエネルギーを使う素敵な舞台でした。

私の自論でこれ書いてるので、人それぞれの解釈だと思って見てやってください。

私の解釈は変だと思いますwwww

ただ整理したくて書いてるだけなので。自己満!ww

 

 

次はアマデウスかレディベス行けたらいいな。

 

 

ねむ。いい夢見れそう。

おやすみなさい。

 

いい経験しました。

私も中村倫也さんみたいな憑依型ができるようになればいいな、、、

 

 

 

 

 

ぱくちー

俳優編

いよいよだよ



ぱくちーって何であんなに独特な匂いなんだろうね。

俳優さんですね。えぇ。

れっつごー。




ムロツヨシさん


めっちゃ好きです。中2の頃にハマり出して、ヨシヒコ見たりだとかとりあえずムロが出るやつは見る。みたいな感じですね。

あの憎めないキャラと、高いギャグ線。

MJ対決もめっちゃ好きだからどんどんやって欲しい。

ムロツヨシの良さが一番出るのは福田作品だと思ってるからこれからもバシバシ出て欲しいですね。好きです。



山崎育三郎さん



わたしミュージカル大好きで、山崎育三郎さんがミュージカルのことをバラエティで話してるのを見て、(多分しゃべくり)色々探してかっこよすぎてハマった。エリザベートが再演されると聞き、見に行った時に出待ちして握手してもらったんですが、166cm+ヒールの身長の私でも全然越せないほどのスラッとした身長、体型だし、手渡しで手紙を渡したんですが「あ!ありがとう(ニコっ)」って…はぁ。王子様っていたんだね。キラッて効果音付いてたよね…ってくらい素敵なスマイルいただきました。

そこからちょっと会話って言っていいのか分からないくらい短い会話もさせて頂いたんですがかっこよかったな…好きです。

甘い歌声に王子キャラとルキーニみたいなキャラのギャップが最高でしたね。あと眼力。



成田凌さん 

 これは大貧乏キッカケです。かせくん。かっこよすぎでしょあれ。こぐちゃんメインで見てたのにいつの間にかせこぐメインでみてました。 モッズコートも着てます。本当にカッコイイし、素敵な方ですね。 Twitterとかも見てたら結構オチャメ?な方みたいでいいですね。次のドラマも見ますよ。 「人は見た目が100パーセント」ですよね。美容師役。見ます見ます。好きです。



 中村倫也さん 

 こちらも最近までやってた「スーパーサラリーマン左江内氏」の刈野くん。可愛い方だなぁこういう方いいなぁと思って見てたら、この方どっかで見たことあるな…あ!VBBだ!!!ってなったのがキッカケかな。 わたし、エリザベート見に行った時にチケットが取れなくて譲っていただいたんですが、それでVBBのお金が飛んでしまい見に行けなかったんですね… 新感線の舞台自体好きなので斗真くん主演は見に行きたいと前々から目をつけていたのですが… その京次郎役の方が刈野くんだったのでギャップが! さらにライチ☆光クラブというエグいほどグロめな漫画原作の舞台で主演もなされててまぁ…かっこいい。 普段のブログやTwitterはユーモア溢れる方で… ずるずると魅力に引きずり込まれてますね。 



 どの方も共通するのはユーモアたっぷりな方ですね。 演技としては憑依型の俳優さんが好きですね。 (中村倫也さん憑依型かと思っていたらちょっと違うよみたいな事がブログに書いてあったので意外でした。結構なりきってるのかな?って思っていたけど独特なんですね。素敵です。) 
世に言う「カメレオン俳優」さんが好きです。




 多趣味なやつですが 

これからよろしくお願いしますね


ぱくちー

語ってみよう

パクチーが苦手だからぱくちーです。

パクチーってコリアンダーって言うんだね。



前の記事じゃただ好きな人言っただけだもんね

少し語ってみよう。ってことで長くなるかも。よ。




大野智


この人は小学3年から好きだね…長いね…

ふにゃあって笑う顔とかふわふわした喋り方も好きなんだけど、どちらかと言うと歌ったり踊ったりしてる時の方が好きかな…スイッチがっつり入った時の。

ホントに才能の塊だと思うんだこの人。わたし。

声とか努力してどうなるものでもないと思うけど、この人の声すごく素敵じゃん。いいじゃん。

体の使い方とかセンスだと思うんだけどうまいじゃん。羨ましいよね…いいよね。ないものねだりするよ。わたし。

バラエティの智くんもモチのロン好きだよ。打率高めのトーク好きだよ。




神山智洋


この方は去年の夏秋頃かな…ちょうどVBBちょい前くらいかな。

妹がWESTドハマリして一緒に見てたらハマってたね。かっこよくて。

神ちゃんも声が素敵な人だなってのが第一印象かな?

すごく通る綺麗な声してるもんね、神ちゃん。

あとふわふわしてるのにコンサートでのギラギラお目目。素敵でしかないどんなスキルよそれ。最高かよ。

智くんもそうだけど、ギャップだよね。

バラエティ出てる時ふわふわしてて、話振られないとあんまり喋んない方なのに、コンサートだと溢れんばかりのオーラ放ちながら歌い踊る。二人共。

良すぎる。ああ。良き。






ジャニーズに関してはバラエティはふわふわ系、コンサートはパキッとしててギラギラ系が好きかな。



俳優さんは長くなりそうなので次のブログで。



ディズニーだね


グーフィー


これもギャップだね…おっちょこちょいのドジっ子なのにパークで会った時のジェントルとか、BBBの燕尾グーフィーってカッコイイったらありゃしないよね。

あたしグーフィーのグリでコケそうになったんだけど、よろけた時に手持って支えてくれたもんね。グーフィー。めっちゃかっこよかったよ。

んでグーフィーのぬいバめっちゃ付けてたから、ハグにハイタッチに頭なでなでに鼻デカメラみたいな写真撮らさせてくれて最高だった。そんないいやつです。←





俳優さんいがいだとざっとこんなもんなんですね…


いやぁ…多趣味ですねぇわたし。w


すきですね。


ええ。いい事だとしておきましょ。


今日中には俳優さんのも出したいですね。


バイトだけど頑張ろう。






ぱくちー

朝から晩まで

朝から晩まで好きな人達ですね。

まずジャニーズだと


嵐  大野智さん

ジャニーズWEST 神山智洋さん


俳優さんは


山崎育三郎さん

成田凌さん

中村倫也さん

ムロツヨシさん


ディズニーは


グーフィー    です。






まぁざっとこんなもんですね。

日々ブログ更新していけたらな…